トップ

もうすぐしなけらばならない我が家のリフォーム

結婚前、まだ実家に住んでいたころの話です。随分古くなった家をリフォームすることになったのですが、働いていたため、現場に立ち会えない状況でした。まだ若く部屋にはお気に入りのポスターや絵を飾っており、自分の部屋をリフォームするときは必ず2日前までには予定を教えてもらい、いろいろなものを片付けた状態で行ってもらうことを約束していました。

ところがおそらく天候の関係か何かで、予定の場...

リフォームについて思う事

リフォームを考えた時に一番最初に考えるのは、どんな業者を選べばいいのだろうという事。

ニュースや近所の噂で聞く悪徳業者に当たってしまったら出す金額も大きいだけにリフォームしたいという気持ちも立ち消えてしまっていた。しかし、3.11で被害を受けてしまった今、リフォームをしないという選択はできない状態。情報を集めようとして覗いてみるHPは綺麗だし全ての業者さんが誠実で納得のいくリ...

昔に比べればましになったのかもしれないが。

引っ越しが好きで、8カ月〜1年半位で次の部屋を探しに行くのですが、必ずおとり物件を紹介されるのが賃貸業界の信用ならないところである。

引っ越しの回数が多いので、それなりに経験値もある自分にとっては、嘘付いていることなど一目瞭然であり、不動産会社の担当者がそれに気づかないことも多々あるので、ひじょうに滑稽である。ある時など、経験の浅そうな女性の営業さんが担当になり問い合わせた物...

原発一時ゼロ

以前インドカレー店をゆっくりカントリー風に営業したくていろんな所を見に行きました。北海道のニセコでログハウスを考えたり、札幌市内中心部でおうちショップも考えて、結局札幌の北方面で古いお店を購入、壁をコルク張り、子供が小さかったので、畳一畳半のたたみスペースのお昼ね所を作って、またその畳スペースを利用して陶芸サークルも始めました。

お客様に我が店でコーヒーを飲むマイカップを自分...

貯金に関しての考え方の違い

私が子供の頃、郵便局の定額貯金の利息は今ではありえないぐらい利率がよかった。

例えば小学六年生の当時つまり20年以上前、もらったお年玉を10年満期の定額貯金で預けておいたら、その10年後大学を卒業するころには1か月分のアルバイト代にも匹敵するぐらいの利息が付いてきた。子供の頃に預けていたものだったからすっかり忘れていたのですごく得した気分で嬉しかったのを覚えている。

節約や貯金は他人と価値観の違いが出る

実家が貧しかった為、大学進学の際奨学金(無利息)を300万円程借りました。

その奨学金とバイト、実家からの僅かな仕送りで4年間必死に勉強し就職することができました。しかし、就職と同時にお借りした奨学金の返済も始まりました。日本育英会の無利息奨学金(第1種奨学金)には、一括返済した場合、その金額の1割を返還してくれる制度があることを知った私は少しでも多い額を一括返済してしまおう...

耐震性と節電

築15年の木造建売一戸建てに住んでいます。それ以前のマンションに比べ、夏は暑く冬は寒い。これほど違うとは思いませんでした。とくに冷えは猛烈です…。『機密性・断熱性』と謳っていても、なにせ昔の造り。きっちり戸締りをしても、どこからか隙間風。

冬の室温は3度を表示したり。また、耐震性も不安です。住み心地よい住宅を探してしまいます。震災以降、耐震性が重要視されてきました。ローンの条...

古民家の再生について

特にヨーロッパの建造物や街並みは大変調和が取れて美しいと思うが、日本の都市においてなかなかそう思えないのはどうしてだろうか。

大きな原因は看板にあると思う。目立ちさえすればよいという利己的な概念からどぎつい色彩、大きな文字が街にあふれ、趣味の悪さに嘆かわしくなってくる。美的感覚は秀でているはずの日本人なのだからもう少しスマートな街作りを推進して欲しいと思う。

教育の大切さと収入格差の大きさ

大学生の冬、生まれて初めてのアルバイトをした。バイト代を貰ったその日、両親にケーキを買い家へ。家族で一緒に楽しく、バイトの様子などを話しながら食べたあと、母が、「ありがとう。これからは、貯金をしなさいね。」といった。

若かった私は、聞き流しその後のバイト代も、スキーに遊びにと使った。社会人になり、初めてのお給料をもらったその日、母は私にまた言った。「しっかり貯金しなさいね。」...

世界の建造物

昔の日本の木造建築は釘を使わず建てられていることや、揺れに対する備えもあり本当に素晴らしいと思う。

京都や奈良などで実際に見ることでその凄さが実感できる。昔の人たちはどのようにしてその技法を編み出したのか、そんなことを考えながらあちらこちらを見て歩くのも楽しい。現在も素晴らしい技術はあるが、昔の技法の解明が進んでその方法で現代人が造った建造物を見たいと思う。

1